熱中症対策に!

連日、35℃を超える猛暑日が続いていますね。

昼間に外に出ると、強すぎる太陽の光に息苦しさをも感じます。

 

この時期に、恐ろしいのが「熱中症」です。

特に高齢者や小さな子供は、体の水分量が少なかったり、体温調節が上手くいかないことから、

熱中症にかかりやすく注意が必要です。

 

そんな時、家に常備してあると心強いものがあります。

それは「経口補水液」です!

ドラックストアや薬局で、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

”飲む点滴”とも呼ばれ、熱中症や脱水状態の改善に有効であると実証されています。

見た目はスポーツドリンクと似ていますが、その違いは糖分と塩分の量にあります。

 

経口補水液はスポーツドリンクに比べて「塩分が多く、糖分が少なく」配合されています。

そしてこの塩分と糖分のバランスこそが”体内に水分と電解質を速く吸収できる”という

経口補水液の特性につながっています。

 

またこの経口補水液、健康な状態で飲むと「まずい…」と思われる方が多いですが、

熱中症などの脱水時に飲むと「美味しい!」と感じます。

まさに体が欲しているものだからこそ…体は正直ですね。

 

喉が渇く前に、少しずつ経口補水液を飲んでおくと熱中症予防に効果的です。

 

まだまだ残暑が厳しそうな今年の気候。

熱中症で搬送される患者さんの約半数は「家の中」で熱中症になっているようです。

熱中症の危険は日常、誰にでも転がっています。

ぜひ身近な熱中症対策として「経口補水液」を常備してみてはいかがでしょうか。

 

※経口補水液は塩分とカリウムが多く含まれています。

心臓、腎臓などの疾患で食事制限をしている方は医師などの指示に従ってください。