食べて”春”を感じよう

 

4月に入りましたね。

 

我が家の周りには、やっと春が来たよ!と言わんばかりに、

 

桜や菜の花がきれいに咲き誇っています。

 

 

 

コロナウイルスの影響で、日常生活が送りにくい日々が続いていますが、

 

そういった外の景色を目にすると、自然は変わりなく動いているのだなと、

 

ふと我に返ることがあります。

 

 

 

冒頭にも出てきた“菜の花”ですが、

 

見るのはもちろん、食材としても栄養価の高い春野菜の代表格です。

 

かわいらしい黄色い花のイメージとは違い、ほろ苦い少し大人の味。

 

 

 

日本に昔から伝わる食養生の教えの中で

 

「春の皿には苦みを盛れ」という言葉があります。

 

 

 

春野菜って、山菜や筍など苦みを感じる食材が多いですよね。

 

その苦み成分には、冬の間に体内に溜まった不要なものを排泄させる力があります。

 

食べることで、代謝が活発になり

 

身体が冬から春へと切り替えられていくのです!

 

 

 

でも苦み成分が苦手だな…という方、

 

茹でる時に、塩にプラスして”お酒と辛子”を少し加えてみてください。

 

苦みが抑えられ、子供でも食べやすくなります。

 

 

 

我が家でも子供が菜の花のおひたしを食べている横で、

 

「これ、あの土手にたくさん咲いてる黄色い花なんやで」と伝えると、

 

「えっ!あれ食べれるん?!」とビックリしていました。

 

まさに身体で春を感じてくれたようです。

 

 

 

当社が給食を提供させていただいている幼稚園でも、

 

4月の献立に

 

「菜の花とコーンのソテー」「菜の花のペペロンチーノ」

 

と、食べやすい菜の花メニューを取り入れています。

 

初めて口にする子も多いかもしれませんが、

 

チャレンジして美味しく食べてもらえたらいいなと思っています。