暑さに負けないカラダを準備しよう!

7月になりましたね。

まだジメジメとした毎日が続いていますが、

梅雨が明けると、いよいよ本格的な夏がやってきます!

 

暑い日が続くと「食欲がない」「カラダがだるい」「眠れない」など夏バテの症状がみられがちです。

 

「食欲がないから、冷たいそうめんだけ」

「暑いから、ビールだけ飲んでもう寝よう~」

なんて食事を続けていると、夏が来る前にカラダが弱ってしまいます…

 

元気に夏を乗り切るために

今の時期から夏バテを予防していきましょう!

 

今回は、夏バテ対策に効果的な栄養素や食べ物を紹介します。

1)豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれ、その量は牛肉の約10倍になります。

ビタミンB1は、食事で取った糖質を代謝し、エネルギーに変えてくれる疲労回復に欠かせない栄養素です。

夏場は汗と共に、体内のビタミンも失われてしまいがちなので、食事から積極的にとりましょう。

 

ビタミンB1の吸収を促進する「アリシン」という成分を含むニラやネギと一緒に食べるとより良いですね。

 

我が家は「豚キムチ」が好きでよく作ります。

豚肉とニラをたくさん入れて炒め、キムチの辛さが食欲を増進してくれます♪

 

2)香辛料や香味野菜

 

食欲増進効果の期待できる、香辛料や香味野菜を取り入れるのもおススメです。

 

カレー粉やニンニク、コショウ、ワサビ、ネギ、ミョウガ、ショウガなどを活用することで

食欲がない時もおはしが進むメニューになります。

 

3)クエン酸

「すっぱ~い」というイメージのクエン酸。

梅干しやレモンに多く含まれています。

酸っぱい味は唾液を増やし、胃酸の分泌を盛んにしてくれます。

 

またクエン酸は、体を元気にする作用があります。

クエン酸にはエネルギーの活力源となる体内の代謝をスムーズに動かし疲労を回復させる働きがあるため、夏バテ対策に効果的です。

 

柑橘類やキウイフルーツなども、クエン酸が多く食べやすいのでおススメです。

 

まだ暑さが本格的になる前に、しっかり食べて

暑さに負けないカラダを準備していきましょう!(*^^*)