野菜を食べてクールダウン

関西でもようやく梅雨明けが近づいてきましたね。

 

外に出るとジメジメと蒸し暑い毎日に、なかなかやる気が出ないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、体の中からクールダウンしてくれる野菜を食卓に取り入れてみませんか♪

 

今が旬の夏野菜。

夏野菜は、水分やカリウムが多く含まれており体を冷やす働きがあります。

水分が不足しがちな夏ですが、きちんと野菜を食べることで水分補給にもつながります。

 

トマト 

生で食べると体にたまった熱を冷まし、のどの渇きを癒してくれます。

またトマトの赤色成分(リコピン)には、紫外線のダメージを回復させる効果があり「食べる日焼け止め」とも言われいます。

リコピンは、油と一緒に加熱して食べることで吸収率がアップします。

 

~美味しいトマトの選び方~

ヘタの色が濃く、ピンとしているもの

 

きゅうり

約95%の成分が水分であり、水分補給にぴったりの野菜です。

またカリウムをたくさん含んでおり、むくみ解消にも効果があります。

私はお祭りの屋台でよく見かける「冷やしきゅうりの一本漬け」が好きです。

暑い時期には”ポリポリッ”と無性に食べたくなります(*^^)v

 

~美味しいきゅうりの選び方~

濃い緑色でハリのあるもの、表面のイボがしっかり尖っているもの

 

ナス

約93%の成分が水分であり、カリウムも多く含まれています。

カリウムは体の余分なナトリウムを排出する働きを行うため、高血圧にも効果的です。

またナスの皮には「ナスニン」という抗酸化物質が含まれています。

抗酸化物質には老化や免疫機能低下など、健康に影響を及ぼす活性酸素を取り除いたり、酸化を抑制する効果があります。

 

~美味しいナスの選び方~

ヘタの切り口が新しく、ガクの部分についているトゲが鋭く尖っているもの

 

 

これらの水分が多い野菜は、蒸発を防ぐため、ひとつずつキッチンペーパーやラップなどで包んで保存することで、良い状態を保つことができます。

 

旬の野菜は、みずみずしく栄養価もグッとUPしています。

ぜひ夏の食卓に♪