秋の味覚をいただきます

秋風が心地よい今日この頃。

先日の週末も、お天気が良く「外でごはんを食べよう!」となりました。

 

そこで用意したのが、秋の味覚の代表格「サンマ」

サンマの旨味をしっかり味わえるよう”さんまご飯”にしてみました。

 

 

『うま味たっぷり~さんまご飯~』

 

材料 (4人分)

サンマ 2尾

塩   少々

米   2合

 

水   2カップ

酒   大さじ2

しょうゆ 大さじ1

しょうが 1片

 

薬味:小ネギ、すだち、大葉

 

【作り方】

1)下ごしらえ

米は洗って水気をきっておく。サンマはわたをとり、半分に切り、塩を振っておく。

サンマの表面をバーナーやグリルでこんがり焼く。

(サンマを焼いておくことで、香ばしさがアップし、生臭さの防止になります)

 

2)土鍋などに米、水、酒、しょうゆ、しょうがを入れ軽く混ぜる。

その上にサンマを置きふたをする。

強火で炊き始め、煮立ったら弱火にして10~15分ほど炊く。

火を止めて、10分程度そのまま蒸らす。

 

3)ご飯が炊けたら、サンマの身をほぐし、ざっくりと混ぜる。

仕上げに小ネギ、大葉を乗せ、すだちを絞ると完成

 

特にすだちの香りが、爽やかで

青臭さを感じることなく美味しく食べられます!

 

サンマには人の体内で作ることのできない

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPAエイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

これらは、血液の流れを良くし、動脈硬化や高血圧を予防します。

DHAについては、脳の細胞を活性化させる効果もあり、勉強や仕事で頭をよく使う方にはぜひ積極的に摂ってほしい栄養素です。
 

美味しくてカラダにも嬉しいサンマ。

ぜひ皆さんも秋の味覚を味わってみてください(*^^*)