甘味アップ!さつまいも

さつまいもが美味しい季節がやってきましたね。

我が家の子供たちも毎年恒例の”芋ほり”の行事を楽しみにしています。

 

土から掘り起こしたさつまいも。

嬉しくてすぐに調理して食べたいところですが、そこはちょっと待った!!

 

さつまいもは収穫して、日にちを置いてじっくり寝かせた方が甘味が強くなるのです。

これを”追熟”といいます。

新鮮なさつまいもは、土がついたまま1~2週間常温保存しておきましょう。

 

さて、食べ頃になったさつまいも

皆さんはどのようにして食べますか?

 

私がおススメしているのは「炊飯器」を使った調理法です。

 

さつまいもの甘さは、さつまいもに含まれるデンプンが、

βアミラーゼという酵素の働きによって「麦芽糖」に変化することによって生まれます。

このβアミラーゼがよく働く温度が60~70度と言われており、

時間をかけてじっくりとこの温度で加熱することで

さつまいもの甘味を最大限に引き出すことができるのです。

 

これを実現できるのが炊飯器での調理です。

電子レンジだと一気に温度が上がりすぎてしまい、

βアミラーゼが上手く働かず、パサパサした仕上がりになってしまいます。

 

【炊飯器で簡単ホクホクさつまいも】

さつまいもを適当にカットし(カットした方が出来上がりが美味しいです)

さつまいもの半分ぐらいの高さまで水を入れます。

あとは炊飯器のスイッチをオンするだけ。

ホクホクのふかし芋の完成です!

炊飯器だとほったらかしで調理できるので楽チンです♪

 

さつまいもは、食物繊維やビタミンCが豊富で

便秘解消や美肌など、体に嬉しい効果がたくさんあります。

ぜひ秋のおやつやご飯にどうぞ♪